2014/01/08

object blanket 制作記事





なにげにメンズダッフルコートのあとに作っていたオブジェクトのブランケット、ようやく配布。
ベッドに座ったまま会話するポーズで、ずっと海外の方の制作されたCCブランケットを代用していたんですが、元々ソファー用のCCなので微妙に食い込みがあったりしてずっと気になっていたんですよね。
ちょっと前に本編でもベッドポーズの撮影があったのでふと思いたって、自作のポーズもあるんだし自分で作るか~と腰をあげました。




完成~。
毛布の素材が柔らかすぎるとあまりにも薄そうで寒そうに感じたのである程度固めの物にしました。

しかしこれだとモデルが裸だったため、服を着ていると食い込むことが判明。
服着てないわけないんだし作り直し~。




モデルにどうやって服着せようか悩んで、とりあえずパンツでもスカートでも合うようにと、適当にそれっぽいメッシュで代用。
食い込みがないようにわりと大きめに。




できました。
このSS首がなくてちょっと怖いですがw
ひざの上と手の間に重ならずほどよく挟まるように微調整を繰り返しなんとか完成。




できました。
以前制作した打ち覆いだと撮影時しか使わないし普段は抜いているので白でもよかったんですが、このオブジェクトは結構使いそうなのでパターンも目立つように明るい物にしました。
もちろん色変え可能です。




ゲーム上で確認。






手の食い込みも、かなりアップから見ないとわからない程度なのでこれでおk。




横に垂れているカンジで、足のほうには垂れてないので元のベッドの柄が見えちゃいます。




ベッドの毛布もオブジェクトの毛布も白にすると一気に病院っぽくなります。




というわけでブランケット完成しました。
posepack033のベッドの上で会話するポーズと合わせてお使いいただけます。

裏面は作っていないので背中側とか下からとか覗くと透過します。
着ている服によっては食い込みがあるかもしれませんが、その場合は手の食い込みを諦めてOMSPで位置調整してもらえれば。
とりあえずこのロングのワンピース、シミーズっぽいワンピース、スウェットっぽいパンツでは確認済み。



年末は忙しくギリギリまで働いていましたが、年明けてからはのんびりすることができました。
ちょっと疲労がたまりすぎて今身体壊してますけどw
ご老体に鞭打っちゃいかんですね。
年末にいろいろと考えさせられることが多くあって、年明けてから「今後は行き急ぐのはやめてのんびり生きよう。穏やかな人間になろう。」と決めました(←老人か
とりあえず仙人でも目指しますかね。




0 件のコメント:

コメントを投稿